契約書の遠山行政書士事務所

岐阜県中津川市蛭川2244-2

デジタルコンテンツ制作業務基本契約書雛形の概要

当サイトでは、ホームページ制作の全部やコンテンツの一部制作を継続的に外注するための取引の基本契約書の雛形を販売しております。
Webデザインや画像処理、イラスト、flashなどの動画、テキストライティング、Webプログラミング等の作業を外注する際に締結する契約書になります。

 

以下に契約書雛形の概要を記載します。
(この継続的デジタルコンテンツ外注の契約書雛形は全21条、A4用紙4枚分の構成となっております。)

なお、製品版の契約書雛型には、全条文についての逐条解説書も付属しております。

 

契約の目的
発注者が制作者に対して、Webテンプレートや画像、商品解説のテキスト、Webプログラム等のデジタルコンテンツの制作を継続的に委託する請負契約であることを確認します。

委託業務
制作を委託するデジタルコンテンツの内容を記載します。
この委託業務の内容は、必要に応じて取捨選択をして頂きます。

発注書
個別のコンテンツ制作の内容、制作対価の金額、納期、仕様については、発注者が発注書に記載して発行すると定めます。
契約の基本は契約書に基づいて、個別案件の諸条件は発注書に基づくという扱いになります。

契約期間
契約期間は1年間として、翌年以降はどちらかが解約の意思表示をしない限り自動更新とします。

納品および検収
制作者がコンテンツの完成報告を電子メールで送信した日を納品日とします。
発注者が検収書に記名と捺印をした日が検収日となり、物件の引渡し日として確定します。
検収書が送付されない場合は、納品日から14日が経過した日が検収日として確定します。
納品日から14日間は、制作者は発注者の修正依頼に応じるように定めています。

制作対価の支払い
制作対価の金額は発注書に記載するものとします。
納品の締め日と支払日等の条件を定めます。基本的には検収日の当月の末日締めとしております。振込期日は○○日という記載にしておりますが、貴社の取引条件に合わせて適切に修正してご活用下さい。
案件によって、締め日や支払日が異なるときは、発注書に支払い条件を記載することを確認します。

第三者の著作権
制作者側がコンテンツ制作に関して、第三者の著作権を侵害していないことを保証します。万一、第三者から著作権侵害の指摘があった場合は、制作者の責任で問題を解決することを確認します。

著作権等の知的財産権の帰属
コンテンツの著作権は全面的に発注者に帰属することを確認します。制作者は著作者人格権も行使しないことを誓約します。
但し、発注者によって採用され、検収を終えたコンテンツ(成果物)以外の成果物については、発注者の所有権や著作権は及びません。

コンテンツの独占使用
コンテンツの独占的使用権は発注者に帰属し、制作者はコンテンツの自己利用や第三者への譲渡が出来ないことを確認します。

コンテンツの瑕疵担保責任
コンテンツに隠れた不具合があった場合には、制作者の責任で改善する義務を定めます。

中途解約
本契約はいつでも中途解約が可能ですが、解約の30日以前には書面で通知する必要があります。
また、コンテンツの制作途中で解約をする場合についての責任負担も定めます。

機密保持
業務を通じて知った相手方の機密情報に関して、相互に守秘義務を負います。

契約違反
秘密保持や対価の支払など、本契約に違反があった場合は、双方共に契約解除を相手側に通告できます。

 

本契約書雛形の概要については以上のとおりです。

 

 

 

契約書雛形の価格は料金のページをご参照下さい

 

 

 

当行政書士事務所の契約書雛形の3つの安心

 

その1 逐条解説書が付いているので安心
契約書雛型には、条項ごとの解説文書を付属しているので、解説を参照しながら雛形の修正を行うことができます。

その2 14日間の無償相談期間が安心
契約書雛形と解説書を確認しても判断がつかない問題があった場合には、メールか電話での無償相談に応じます。
(但し、無償相談は契約書雛形の納品日から14日間限定です。)

その3 Webサービスに精通した行政書士だから安心
当サイト運営者の遠山桂はIT関連事業の経験が長く、サイト制作と運営も自前です。
各種Webサービスの契約書作成の経験も豊富で、Web制作技術と契約知識とWebマーケティング経験を活かして契約書を作成しています。




メルマガ登録継続的なコンサルティング



広告